記念事業概要INTRODUCTION

高峰秀子出演作の上映THEATER

展覧会EXHIBITION

記念書籍10作&関連書籍BOOK

記念切手STAMP

文筆家 松山善三・高峰秀子養女
斎藤明美 トークサイン会
EVENT

テレビT V

生誕100年スペシャルイベント
「女だらけの夜」
SPECIAL EVENT

メディア掲載MEDIA

specialVisual04

女性に向けた女性だけの無料の上映会&トークイベント「女だらけの夜」!
毎回上映作品やテーマを変えて、養女・文筆家の斎藤明美とゲストの痛快トークを全6回を予定しています。
参加ご希望の方は各回の「お申込みフォームへ」のボタンからお申込みをお願いいたします。

※女性限定イベント(参加無料)。
※お申込みは定員になり次第締め切りとさせて頂きます。
※複数回のご参加も歓迎です。


▼会場内での注意事項
・撮影・録音は出来ません。
・ご飲食はお控ください。

お申込み受付中!!
【第2回】6月27日(木) 18:30~22:00



◉ゲスト
名取裕子(女優)

◉トークテーマ
“貧しさに泣いた女”

◉上映映画
「雁」
1953年公開/104分
製作:大映
監督:豊田四郎
出演:高峰秀子 芥川比呂志 東野英治郎 ほか

img240430_1
©︎KADOKAWA1953

◉スケジュール
6月27日(木)
開場・受付 18:00~ / 映画上映 18:30~
上映後、休憩を挟んでスペシャルトークを行います。

◉会場
ユーロライブ(渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F/178席)
ACCESS

◉入場料
無料

◉プロフィール
photoNatori

名取裕子

俳優。神奈川県出身。
大学1年生だった1976年「カネボウ・サラダガールコンテスト」で準優勝し芸能界デビュー。翌年、TBS系ポーラテレビ小説『おゆき』でドラマ初主演を果たす。
その後も、映画、ドラマ、舞台など幅広く活躍。映画出演作に『序の舞』、『吉原炎上』、『時代屋の女房2』、『女帝 春日局』などがあり、1989年『 異人たちとの夏』と1996年『マークスの山』では、日本アカデミー賞・優秀助演女優賞を受賞。
また、テレビの出演作品では『法医学教室の事件ファイル』、『京都地検の女シリーズ』などがある。


【第3回】7月25日(木) 18:30~22:00



◉ゲスト
IKKO(美容家)

◉トークテーマ
“男に騙された女”

◉上映映画
「女が階段を上る時」
1960年公開/111分
製作:東宝
監督:成瀬巳喜男
出演:高峰秀子 森雅之 団令子 仲代達矢 ほか

img240430_2
写真提供:東宝株式会社

◉スケジュール
7月25日(木)
開場・受付 18:00~ / 映画上映 18:30~
上映後、休憩を挟んでスペシャルトークを行います。

◉会場
ユーロライブ(渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F/178席)
ACCESS

◉入場料
無料

◉プロフィール
photoIkko02

IKKO

美容師、ヘアメイクアーティストを経て30歳でアトリエIKKOを設立。女性誌等で【女優メイクIKKO】を確立。
40歳で表舞台へ転身し、美容家、タレントとして活躍。
特に「おネエ☆MANS」出演をきっかけに、美容家としての地位を不動のものに。
以後美容業界だけにとどまらず、唯一無二の存在として各方面に与える影響は計り知れない。
年齢を重ねるたびに、その時代の流れを取り入れた生き方が、年齢・性別を問わず支持され続け、
独自の美学・センスは世代を超え多くの方から常に注目されている。
2024年『国際女性デー|HAPPY WOMAN AWARD 2024 for SDGs』 にて「個人部門」で受賞。



◉お申込み
開催1ヶ月前より受付を開始致します。

【第4回】9月21日(土) 18:45~22:00



ゲスト、トークテーマ、上映映画ほか詳細は決定次第ご案内申し上げます。
お申込みは開催1ヶ月前より受付を開始致します。

お申込み受付を終了したイベント

【第1回】5月27日(月) 18:30~22:00



◉ゲスト
中井美穂(フリーアナウンサー)

◉トークテーマ
“男の身勝手に翻弄された女”

◉上映映画
「春の戯れ」
1949年公開/109分
製作:新東宝 映画芸術協会
監督:山本嘉次郎
出演:徳川夢声 高峰秀子 宇野重吉 飯田蝶子 三島雅夫 鳥羽陽之助 ほか

img240416
©︎国際放映

◉スケジュール
5月27日(月)
開場・受付 18:00~ / 映画上映 18:30~
上映後、休憩を挟んでスペシャルトークを行います。

◉会場
ユーロライブ(渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F/178席)
ACCESS

◉入場料
無料

◉プロフィール

photoSaito

斎藤明美

1956年、高知県生まれ。(本名:松山明美)
津田塾大学卒業。
高校教師、テレビ構成作家を経て、「週刊文春」の記者を20年務め、2006年フリーに。
1999年、小説「青々と」で日本海文学大賞奨励賞受賞。
2009年、週刊文春の記者時代から親交のあった松山善三と高峰秀子の養女となる。
著書に『高峰秀子の捨てられない荷物』『高峰秀子の流儀』『高峰秀子が愛した男』など。
近著『高峰秀子おしゃれの流儀』をはじめ高峰秀子を研究する書籍を刊行。
また松山・高峰の著書を復刻、二人の遺志を継いで一般財団法人「一本のクギを讃える会」の代表理事を務めている。



photoNakai

中井美穂

フリーアナウンサー。87年日本大学芸術学部を卒業後、フジテレビに入社。アナウンサーとして「プロ野球ニュース」「平成教育委員会」など多くの番組に出演し人気をあつめる。95年フジテレビ退社。97年から22年まで「世界陸上」(TBS)のメインキャスターを務めた。現在は「タカラヅカ・カフェブレイク」(TOKYO MXテレビ)、「スジナシ」(TBS)、「華麗なる宝塚歌劇の世界」(時代劇専門チャンネル)、「アルバレスの空」(BS テレ東・ナレーション)等にレギュラー出演。その他、映画・演劇のコラム、動画配信番組、イベントの司会、クラシックコンサートのナビゲーター、朗読など幅広く活躍している。
NPO法人キャンサーネットジャパンの活動に賛同し、2018年理事に就任。がん啓発のイベント・市民公開講座の司会などの活動もしている。